• 【更新日】2019.10.28
  • 【公開日】2019.10.28

今の職場は給与が低い…。飲食の転職で高収入を目指すには?

さまざまな職種の中でもダントツに賃金が安いと噂される飲食業界。しかし、それは真実ではありません。実際には、「賃金が安い飲食もあれば、高い飲食もある」のが正解です。

だけど自分は今の賃金に納得していない。もっと高収入を得たい。そう考えた時に、どんな手段があるのでしょうか。この記事では、飲食の仕事で今よりも高収入を目指せる方法を伝授します。

働く理由はお金ばかりではないし、もちろんやりがいや環境のバランスもあるけれど、収入があることは心のゆとり、余裕にもつながります。今よりも高収入を得て、さまざまな意味でゆとりを持ってみませんか?

ホワイトな飲食店求人をお探しですか?
好環境・高収入の求人を提案してもらう

かんたん30秒 まずは無料で相談する

飲食の転職で今より高収入を目指したい。方法5つ

賃金が安いと言われることが多い飲食業界。しかしながら、国税庁の調べによると30代男性の平均年収は約320万円とそこまで低すぎるわけではありません。では、なぜ飲食業か憂いの賃金が安いと言われるのでしょうか。その背景には拘束時間の長さがあると考えられます。長時間勤務する割には賃金が低い。サービス残業もザラ。これでは確かに割に合いません。

飲食の仕事でもっと高収入を目指したい、と考えた時にするべきこととは?

働くポジションを替えてもらう

個人店では難しいかもしれませんが、大手企業が経営する飲食店で働いている場合は働くポジションを替えてもらうことが高収入への第一歩になり得ます。例えば、ホールや調理などの現場スタッフであれば、本部スタッフへの異動を申し出るなど。現場のことを誰よりも知っているので、本部で商品開発や人事を担当することも可能でしょう。また、本部スタッフであればホールや調理より体力的にも楽になり、無理な残業も強いられないので長く仕事を続けることが可能です。

同業他社に転職する

大手飲食チェーンになると、年収が500万円以上ということも。もちろんそれだけ労働環境はハードかもしれませんが、純粋に年収アップが期待できます。経験があるのなら即戦力になるので、採用率も高いはずです。

食品企業で働く

もし現在個人経営のお店で働いているのなら、食品企業で働くことを検討することも高収入への近道です。飲食業界の収入は、個人経営<中小<大手、といった傾向にあります。大手で採用されたら待遇も良くなるし、今後のキャリアアップだって夢ではありません。

客単価が高い飲食店に転職する

高級レストランや料亭、割烹などは、同じフロア・調理スタッフでも収入が高い傾向にあります。それだけの接客マナーや調理の技術を身につける必要はありますが、それは一生役立つスキルになるはずです。

独立して起業する!

究極の選択が、自ら飲食店を起業するということです。高収入を目指せるか目指せないかは自分の腕次第とシビアな世界ではありますが、常連がつき、経営が安定すれば高収入も夢ではありません。ただし、開店時の初期費用についてはある程度のまとまった金額が必要です。

より高収入を目指すならエージェントや転職サイトを活用しよう

今よりも高収入を目指すためにはさまざまな手段がありますが、転職を検討する場合は転職エージェントや転職サイトを活用することがオススメです。

何よりも転職活動の時間の節約にもなるし、要望にマッチした案件に出会えるので求める収入に見合った仕事に出会える確率が高くなります。

エージェントや転職サイトの探し方

インターネットを使って転職先を考えよう! そう思った時に、自分に適した転職サイトが分からない、ということはありませんか? 飲食業界内で転職を考える場合は、飲食専門の転職サイトもあるので「飲食 高収入」で検索してみてください。たくさんの案件に出会うことができます。インターネットが普及している今のご時世、自分の足で仕事を探すことはナンセンス。中にはつくるのが面倒な「履歴書」が不要だったり、即日勤務可能な求人もあります。

異種業が転職にベストな可能性も?

転職エージェントは、転職のプロです。それゆえに、もしかして飲食業界でのスキルを活かせる異種業の仕事を紹介してくれる可能性もあります。飲食業界から異種業への転職でヒットしやすいのが、営業職や販売職などがあげられます。転職エージェントであれば、あなたの潜在的な能力を引き出してくれることも可能かもしれません。結果、高収入を得ることができるでしょう。

飲食業界でも高収入を目指すチャンスはあります!


現在の収入ではピンチ。そうした時に異動や転職を検討することは悪いことではありません。むしろ前向きな考え方でしょう。ただし、何度も異動や転職をすることは労力を要することから、効率的に動くことがベストです。そんな時に頼れるのが転職エージェントです。現在のキャリアに応じた、むしろそれ以上の案件を紹介してくれることもあり、アフターフォローもバッチリです。
ストレスになるほど低収入な飲食店で働いている場合は、なるべく早いうちに「卒業(転職)」することが賢い選択なこともあります。ただし、その際にはエージェントを活用して、賢い転職をするようにしてください。

関連記事