• 【更新日】2019.11.08
  • 【公開日】2019.11.08

株式会社一六堂の口コミ・評判・体験談

有名飲食企業の求人をお探しですか?
条件の良い、あなたにあった求人を提案してもらう

かんたん30秒 まずは無料で相談する

基本情報

会社名:株式会社一六堂
本社所在地:東京都中央区八重洲1-8-9(株)一六堂ビル
従業員数:1065名(アルバイト・パート含む)
主な事業内容:飲食店の経営
公式URL:http://www.ichirokudo.com/

株式会社一六堂の社風や特徴とは?

株式会社一六堂はどんな特徴があるでしょうか。

食材は海から最短コースでお客さまに提供している

社内では食材の仕入れを重視していることに加えて、いち早くお客さまに提供することを心がけています。全国で12漁港の買参権を取得して、新鮮なもの、めずらしい魚、高級魚などを仲介業者を介さずにその日のうちに各店舗に発送しています。買参権とは漁港で水揚げされた鮮魚をその場で買い付けられる権利で、さまざまな漁港で役立っています。

営業中は贅沢な時間の演出にこだわっている

株式会社一六堂では、さまざまな店舗がある中でも、各店舗で贅沢な時間の演出にこだわっています。各店舗で立地条件も異なりますが、ビジネス街にある店舗なら接待にも使える個室、カジュアルな雰囲気で同僚と飲める店舗、大人数を収容できる小・中の宴会にも対応した間取りなど、ニーズに合わせた演出をしています。

株式会社一六堂はともに成長することに重点を置いている

店舗内では店長の個性を活かすというのがこの会社の方針です。そのため運営する全店舗で、独自の店づくりが行われています。各社員同士の繋がりも強く、時にライバル、時に仲間としてやりとりします。店長をはじめとする社員が一丸となって共に成長することで、店舗も成長することから、ともに成長することに重きを置いているといえます。

株式会社一六堂に入社したらどんな仕事ができる?

各店舗で異なる雰囲気の中、店長の個性を活かすように働きながらも、自分の実力をつけることができます。インセンティブ制度の導入により、一日、一週間、一ヵ月の売上に対して個別に報酬がもらえるので、毎日の仕事にも張り合いがでてきます。強いつながりのある社員同士で共に成長するほど、インセンティブが増えるそんな働き方ができます。

株式会社一六堂は毎日がんばるあなたにおすすめです

株式会社一六堂は個性あふれる店舗で、各自が自分の仕事をしっかりする環境が整っています。毎日がんばった分だけインセンティブがつくことや、店長の個性を活かした働き方ができることは、毎日張り合いを持ってがんばろう!と思う方におすすめの企業です。日々がんばりたい、と思っている方にぴったりの企業でしょう。

みんなの口コミ・体験談で株式会社一六堂のリアルな評判を知っておこう

社風は昔の日本マクドナルドみたいなところがあると思う。とにかく頑張れば頑張るだけ、認められるという社風ですね。実力と上に認められるかどうか次第で昇進が決まるという背景はあると思う。アルバイトが新人を指導することが多いので、プライドとかがあるともう損します。知り合いでもその辺りが障がいになった人も見たので。その辺りの頭の良さを維持できるかも昇進に響くのだと思う。とにかく、認められることが目的で働いている人は、上司に気に入られたり、お給料も上がっていったというものを見た。頑張れば認めてくれるという社会で、頑張り屋、真面目な人は向いている、損はしない会社だという印象を持った。そういう会社は嫌いではないので、アルバイトでも働けたのだと思う。
(40代・接客)

アルバイトの時給は良い方。最高1000円もいただけるのに、スタッフ間の情報の漏れ?などで感情的に不満を持つアルバイトも多い。ただ新人とベテランの時給が同じよういうだけで、時給千円の仕事を棒に振るのはいかがなものかと思われる。やめても他でこの時給で働けるとこは工場くらいしかないと思う。もしも文句をいうなら新人の時給を下げるべきだと思うのです。あと、ベテランさんで昔は新人時代に低いなら文句も言いたくなると思うけど、新人時代同じ額をもらっているなら、不満は言えないと思う。自分自身が新人時代もそれだけもらっていたのだからね。とにかく内部では時給についてはなんやかんやといろいろあるけど、時給額は高い方で満足でした。
(40代・接客)

会社全体の社風だと思うが、アルバイトでも社員さんへ意見を伝える風通しは悪くない。また社員同士の連携というか、交流もある。モチベーションを維持して高いものが評価され、当人も仕事が楽しいような職場であると言える。同業他社と比較しては、働きやすい会社だという認識。ただ、全面的に甘えるのはご八度で、個人の意識の高さ、モチベーションがやはり評価に左右する。トップ、人事関係者とそりが合わないタイプでも、必要な人材と見られたら手放さない賢さも会社にはあると思える。人事評価の頑張れば認めてもらえるというのは、言い換えれば、好き嫌いに関係なく必要と認めてもらえたら、それなりの評価を下してもらえるということになる。
(40代・接客)

私は最初から最後まで、退職願いを書くまでの間アルバイト勤務だったので都合がいいことが言えるかもしれませんが、やはり男性、社員さんは多忙な様子で、そもそもすごいと思う。もちろんサービス、飲食業なので土日祝日のお休みは確実ではない、休日出勤もあります。アルバイトから社員への登用制度を希望するなら最初はアルバイトとして若い時から働いていることが重要かと思います。いきなり正社員になっても、一週間の勤務日、スケジュールにうんざりするのではないかと。あとは、意外にもお給料はかせいでいる人が多いみたいで、自営業の商売人くらいの額がある程度若くしても稼いでいるようですので、若くして妻帯者も結構多いですよね。
(40代・接客)

関連記事