• 【公開日】2019.10.28
  • 【更新日】2019.10.28

飲食業界ならでは?人間関係の悩みや不安を解決する方法3つ


どんな職場においても人間関係の悩みは付いて回るものです。とくに飲食業界においては、働くスタッフの世代も違えば正社員、パート、アルバイトなど立場もバラバラなので意思疎通が難しかったりするのは当然かもしれません。

けれども、せっかく入社した憧れの飲食業界。できればスムーズな人間関係を保って快適に働きたいもの。人間関係でストレスを抱えないためにはどのような手段があるのでしょうか。人間関係が良好であれば、ほかの条件が少し悪くても転職を検討する必要もなく末永く働くことができるはずです。

そこでこの記事では、飲食業界での人間関係をプラスに導く方法をアドバイスします。今後飲食業界で働こうと思っている方もぜひ参考にしてください。

人間関係の悩みや不安でありがちなことと解決法3つ

飲食業界での人間関係の悩みや不安はほかの職種よりも意外と多いかもしれません。とくにありがちな悩みや不安と、その解決法を紹介します。

立場がバラバラで不公平がでやすい

前述のとおり、飲食店の現場で働くスタッフは店長、調理スタッフ、ホールスタッフとさまざまで、その立場も正社員、パート、アルバイトと多岐に渡ります。休みもバラバラで、希望の日に休みが取れないこともあれば、自分だけサービス残業が多いのでは、と感じることも。その結果、「どうして自分だけ我慢をしなくてはならないのか」という感情を持ってしまい、周囲のスタッフが妬ましくなってしまうことも多いようです。

解決法としては、そのような空気を店長が把握して、改善に努めることです。従業員から店長に直談判しても良いでしょう。

指導が厳しすぎる

飲食業界では、とくに師弟関係を重んじる飲食店もあります。料理人ともなると、厳しい修行があるお店もザラです。指導も愛のムチではありますが、あまりに叱咤ばかりしているとそこから人間関係が悪くなることも。解決法として、指導する立場であれば、「褒めて伸ばす」ことを意識してみてください。指導される立場であれば、「一人前になるために手をかけてくれているのだ」とポジティブにとらえましょう。

また、ミーティングや飲み会などで積極的にコミュニケーションをとって、良好な関係を築くことも重要です。

チームプレイに不向き

飲食店はチームプレイが命です。とくに忙しい時間にマイペースで仕事をしてしまうと、「仕事ができない人だな」とレッテルを貼られてしまうことも。結果人間関係がギスギスしがちです。解決法はズバリ、周囲に思いやりを持つこと。常に気遣いを持って接していれば、若干チームプレイが苦手であっても許容されます。

上司や長く働いている方と折り合いが悪かったらどうすべき?

そもそも働いているスタッフと相性が合わない、といった場合には、「仕事は仕事!」と割り切ってプライベートを充実させましょう。その代わり、与えられた仕事は完璧にこなすように。それだったら、何も文句は言われません。

どうしても我慢できない、という時は、転職も手段のひとつです。残念ながら、イチ従業員の代わりは星の数ほどいます。その一方で、自分のありのままを受け止めてくれる職場も必ず存在します。

働く前に自分にあった職場を見つけるには?

できるなら、働く前に人間関係がホワイトな職場かどうかを知って働き出すことが良いに決まっています。その見極め方とは?

口コミサイトで職場の評判をチェック!

たとえお店に行ったことがなくても、ネットの口コミサイトである程度お店の雰囲気は分かるものです。その見極めは「接客」にアリ。スタッフの感じが良かった、とても親切だった、などと書いてあれば、スタッフも働きやすいのだな、と想像できます。スタッフが笑顔の飲食店であれば、人間関係も良いはずです。

実際にお店に行ってみる

もっとも確実なのが、客として実際にお店を訪問してみることです。スタッフがピリピリしていて笑顔もないようだったら、人間関係に問題があるのかもしれません。

エージェントに職場の雰囲気を聞いてみる


エージェント経由で飲食業界への就職・転職活動をする場合、エージェントがそこの職場のことをすでに熟知しているので人間関係についても事細かに教えてくれます。仕事のプロが把握している情報であれば、信頼度も高いでしょう。

人間関係で悩みたくない。それなら働く前にできるアクションを

どんな職種であっても社会に出る以上、人間関係の悩みや不安は存在します。飲食業界であれば、スタッフ同士のみならず、対お客さま、ということも十分に考えられます。それに対面した時にどのようにして解決するか。また、なるべくそうした状況を事前に回避することが重要です。

仕事での人間関係の悩みは、ストレートに「病み」につながります。もし今悩んでいるようなら、早めの対策を。悩まないようにするためには事前のリサーチを徹底してください。


関連記事

飲食業界につよい人材会社は この3社がおすすめ

Cookbiz(クックビズ)

利用者の満足度

  • 飲食系求人が豊富
  • 無料の転職支援があるので安心してまかせられる
  • 入社後のフォローもバッチリ

Pick up口コミ

  • 飲食業界で働いて身につけたことをいかしたいと思いながら仕事を探していましたが、なかなかこれだと思う職場が見つかりませんでした。Cookbizを知ったのはその時です。コンサルタントが自分の代わりに交渉してくれたり、非公開求人まであるというので、ここならこれまで掲載されていなかった条件の良い仕事が見つかるのではないかと思いました。 時間や日数、希望している勤務地など伝えると、コンサルタントがそれらの条件に合った仕事を紹介してくれました。どちらもバランスが取れている理想の職場ばかりで、最初からここを利用していれば良かったと思いました。 面接の注意点やアピール方法などコンサルタントの細かいアドバイスもプラスになりました。

グルメキャリー

利用者の満足度

  • 求人特集が充実
  • 個人店から大企業まで幅広い求人内容
  • 企業説明会にも参加可能

Pick up口コミ

  • 未経験者を採用している企業が多いので、飲食業界が初めてでも使いやすい印象を受けました。必要な資格や役立つ知識が豊富に掲載されていましたし、スクール情報が調べられるのも魅力だったと思います。また適性診断が用意されていて、設問に答えるだけで自分に適した仕事を紹介してくれるので、業態や働き方に悩んでいる際に使えると感じています。フレンチやエスニック等の幅広い業態に対応しているので、スキルアップを図りたい時にも役立つ転職サイトでした。上場企業や独立制度等の条件から求人がピックアップできるので、短時間で気になる求人も探せました。担当者の方からさまざまなアドバイスが貰える転職相談ルームも、大きなメリットがあったように思います。

FOOGENT(フージェント)

利用者の満足度

  • 飲食業界のハイクラス求人が多数
  • 限定・非公開求人も
  • 年収の交渉もおまかせ可能

Pick up口コミ

  • FOOGENT(フージェント) には、調理人や賄い係などの求人が一切載せられていません。その代わり会社の利益を決定付ける重要な役目となる、経営責任者や幹部候補に関する求人が豊富に紹介されています。役職を任されている人達を相手に業務が行われている為、少しでも満足してもらえるように、スタッフの皆さんが失礼のない態度で、気持ち良く応援してくれます。自分が望んでいる難しい雇用条件でも、全く断る事なく、いつも一生懸命に探してくれたので、この部分もFOOGENT(フージェント)が他の転職エージェントよりも優れている特徴だと言えます。紹介してもらえる職場においても、給料だけでなく待遇面に関しても、驚くほどに良い所ばかりだったので、最後まで不満を抱く事なく、最高の働き先へとすんなり就職出来ました。