• 【更新日】2019.10.28
  • 【公開日】2019.10.28

飲食業界への転職は未経験でもできる? 転職成功のポイントとおすすめ職種3つ

憧れの飲食業界への転職を考えた時にまず考えるのが「未経験でもできるのか?」ということではないでしょうか。常に人手不足に悩まされている業界ゆえに転職そのものはスムースにできても、飲食業界と言えば3K(きつい、危険、汚い)の代名詞的な業界だと言われています。現代では新3Kとして、きつい、給料が安い、帰れない、などのバリエーションも存在するほど。たとえ転職に成功しても続けられるのかどうか不安が伴いがちです。

それでもまずは挑戦してみなくては、真実も分かりません。飲食業界はある意味運的なものもあり、入社してみてホワイトだった、という事例も数多くあります。

そこでこの記事では、未経験から飲食業界に転職を検討する方に向けて、転職成功の秘訣をレクチャーしたいと思います。

ホワイトな飲食店求人をお探しですか?
好環境・高収入の求人を提案してもらう

かんたん30秒 まずは無料で相談する

まずは知っておきたい「飲食業界のお仕事のやりがい」と「難しさ」とは?

どんな業界にも仕事のやりがいと難しさはありますが、とくに飲食業界においてはその差が大きいと言われています。それぞれ解説します。

飲食業界のやりがい

ほかの業種とは異なり、毎日違うお客さまと触れ合う機会がある飲食店での仕事。職種にもよりますが、接客や調理の仕事においては毎日が新鮮で、お店のサービスをどのように向上していくのかをお店のスタッフが一丸となって考えることができ、お店に貢献していると実感できることが大きなやりがいです。また、お客さまから直接感謝の言葉をかけられる機会が多いこともやりがいと言えるでしょう。

さらに、年功序列というよりも実力次第では若くして店長にまで上り詰めることが可能なのもモチベーションアップにつながります。とくに将来的に独立(出店)を考えている人なら、日々の業務のすべてが勉強になります。

飲食業界の難しさ

まず何よりも、長時間勤務を強いられることが多く休みを取りづらい点があげられます。とくに正社員の場合は、アルバイトの急な欠勤などによって休日返上になることも多いといいます。なかなかプライベートを確保できないということは、趣味や友人が多い方にとってはストレスになってしまうでしょう。

次に、来店するお客さまの中には、いわゆる「問題児」も多いこと。とくにアルコールを提供するお店であれば、言われもないことでクレームを付けられる可能性もあります。そうしたお客さまにも真摯に対応する人間力が必要となります。

未経験でも飲食業界に転職できる?

結論から言えば、飲食業界は慢性的に人手が不足しているので未経験からの転職は可能です。むしろ未経験大歓迎、ということがほとんどです。これは、飲食業界未経験の方が、そのお店のルールに適応しやすいためだと考えられます。もちろん経験者の方が仕事自体はスムースであるし即戦力として活躍できますが、他店で培ったスキルをそのまま通用させようとするケースも多く、経営者としては「使いづらい」となってしまいがちです。

飲食業界が未経験でも受かりやすい職種3つ

飲食業界にもさまざまな職種がありますが、その中でも未経験からチャレンジしやすい職種をご紹介します。

ホールスタッフ

直接お客さまと交流を持つ仕事です。主に席への案内やオーダー取り、会計などを行います。ルーティーンワークとなるため、未経験者でも慣れてしまえば難なくこなすことができるでしょう。

キッチンスタッフ

料理や飲み物をつくるスタッフです。未経験の場合はいきなり調理を任せられることは少なく、調理補助、というポジションからスタートすることが多いと思います。普段から料理をすることが好きな方なら問題がないでしょう。

オープニングスタッフ

新しくお店をオープンする際に求人が出るのがオープニングスタッフです。オープン前に研修があることも多くスタートはみんな一緒なので、飲食業界の未経験者でも挑戦しやすい環境にあることが大きな特徴です。配属ポジションについては、はじめに希望を出しておきましょう。

未経験でもスキルアップを目指すには?

飲食業界未経験者であってもこの業界で生きていく! と決めているのならば、あらかじめ資格を取得しておくことも将来のキャリアプラン形成に有効です。飲食業界で使える代表的な資格には、調理師資格、レストランサービス技能士などがあります。

また、より専門知識を高めたい場合は、スクールに通うこともオススメです。夜間に通えるスクールなどもあり、現職と並行することである程度の飲食業界の知識を身につけることが可能です。

飲食業界へ転職成功のポイント2つ


どうせ転職するのならば、賢い転職を実現させたいものです。未経験から飲食業界に転職する際に役立つであろう見極めポイントを指南します。

研修制度の有無

飲食業界未経験の場合の転職は、転職前も転職後においても、右も左も分からない状態です。研修制度を導入している企業であれば、研修期間内の多少のミスも大目に見てくれるし、働く方も安心して勤務することが可能でしょう。

あらかじめ働く期間を決める

もしも何らかの事情で、飲食業界で働く実績が欲しいだけ、という場合は、期間を決めて働くこともオススメです。期間限定であれば飲食業界でお馴染みの「3K」仕事にも耐えられると思うし、培ったスキルは次の転職時にも役に立つはずです。

幅広く門戸が開かれている飲食業界は、未経験からの転職の登竜門かも!?

ほかの業界よりは転職のハードルが低いとされている飲食業界。その理由は労働条件によるところもありますが、未経験からでも挑戦できる貴重な業界だから、とも言えます。ほかの業種でも未経験OKという求人は確かにあります。ただし、ハードルが高いのは事実です。それも年齢が上がれば上がるほど経験者優遇で狭き門になります。

その点、飲食業界であれば、未経験からの転職においても幅広く門戸が開かれています。転職のポイントをおさえて、ぜひ飲食業界への賢い転職を実現してください。その際、転職エージェントに頼ることも賢い転職への近道ですよ。

関連記事