• 【公開日】2019.10.28
  • 【更新日】2019.10.28

30代・40代・50代の飲食求人の待遇の違いや転職成功率を調査しました


数ある業界の中でも、転職(入職)率がもっとも高いと言われる飲食業界。それだけ離職率も高いということになりますが、年代別に比べてみたら待遇や転職成功率にどのような違いがあるのでしょうか。

もちろん若ければ若いほど転職に有利なことは周知のとおりです。よく「35歳の壁」と言って、35歳を過ぎると転職が難しいとされています。飲食業界でも同様なのでしょうか? そんなことを言われたら、飲食業界に転職する方も飲食業界から離職する方もちょっと考えることが増えてしまいます。事実、飲食業界のパートやアルバイトの求人では年齢制限を明示しているものも多いもの。

そこでこの記事では、飲食業界における年代別の可能性について調査するとともに、年齢に負けない転職についてもアドバイスしたいと思います。

飲食求人の待遇は年代によってどれくらいの差があるのか?


まず前提として、飲食求人の待遇を年代別に見てみましょう。もちろんどんな業種でも年功序列は当たり前というのが定説ですが、飲食業界においては……? 転職率が高い30代、40代、50代で比べてみましょう。

30代

男性で年収256~277万円、女性で213万円というのが相場で、ほかの業種に比べてかなり低いものとなっています。月で考えると20万円を少し超えるくらいでしょうか。学生のアルバイトの方がもっと稼げるかもしれません。30代といえば、家庭を持ったり子どもが産まれたりして、もっともお金が必要な年代。かなり厳しいものがありますが、飲食業の場合賄いで食費が浮くことも多いため、なんとかやっていけることも。

40代

この年代は、管理職に昇格する年代でもあります。それでありながら、男性で年収320万円、女性で210万円程度となっています。とくに女性の場合は40代後半になると年収も5万円ほど下がる傾向に。以前と同じ仕事をしているのにお給料が下がるというのも納得できませんが、体力的な問題で作業効率が悪くなることも要因なのでしょうか。

50代

男性の場合、50代前半であれば年収320万円台をキープしますが、50代後半になるとグッと下がって305万円ほどに。女性においては、マックスが202万円程度です。
ある意味体力勝負でもある飲食業界。年齢が上がるにつれて体力も衰えてしまうので、待遇が下がってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

飲食業界への年代別にみた転職成功率の違い

先ほど、飲食業は体力勝負的な一面があるとお話しましたが、それは転職の際にも如実に反映されます。もちろん若ければ若いほど転職が成功しやすい傾向にあります。が、ポジションによってはさもあらず。では、年代別の転職成功率を見てみましょう。

30代

30代では、平均1~3店舗応募して約8割が転職に成功しているようです。なお、1店舗のみで転職に成功したツワモノも約2割! 30代ということもあり、のびしろがある点が評価されやすいのかもしれません。転職の理由は「年収アップ」が約半数で、ある程度スキルに自信が付き、キャリアアップのために転職する傾向があるようです。

40代

40代の転職活動での応募数は約3店舗と30代とあまり変わりませんが、中には5店舗以上に応募したという人も。ある程度人生設計がしっかりする時期であり、安易な職場には転職したくない、という気持ちの現れかもしれません。

50代

一般的に50代の転職成功率は男女とも4%以下だと言います。これは飲食業界も同様ですが、マネジメント能力を持っているなど特別なスキルがある方ならば、転職に成功する可能性は高くなります。また、飲食業界でも定年の年齢を伸ばして、積極的に50代を採用している企業もあるので、悲観的になる必要はないでしょう。

参考:産業別

年代別にみた働きやすい飲食業界の職種

飲食業界にはさまざまな職種があります。体力が余りある30代であればキッチンやホールでも問題ありませんが、40代以降となると店長などのマネジメント的なポジションが適しています。体力的な問題もありますが、それなりのキャリアもあるため統括的にお店を見ることができるからです。また、自分よりも上の人間を部下にすると仕事がしにくいこともあります。40代、50代の転職であれば、管理職に就けば自分も部下も働きやすいはずです。

【全年代共通】飲食業界へ転職を決めたらやっておくべきこと

すべての年代を通じて言えることは、飲食業界に転職する前に体づくりをしておくことです。飲食業界は体が資本です。たとえ店長であっても、立ち仕事は避けて通れません。とくにデスクワークから飲食業界に転職する場合は、想像以上の重労働にダウンしてしまうことも!? そんな事態を避けるためにも、日頃から体を動かすことを意識しておきましょう。

また、食材に対する知識も重要です。野菜ソムリエなど、比較的容易に取得できる資格もあるので、時間とお金に余裕のある方は転職前に取得しておいても良いかもしれません。

他人の転職活動を知る者、転職を制す!?

転職活動をする際に、所謂「隣の芝生」をリサーチしておくことはとても参考になるものです。飲食業界は、年齢についてはほかの業界に比べたらまだ制限が厳しくない方ですが、とは言え、年齢が上がるに連れて条件が厳しくなってくるのも確かです。つまり、飲食業界への転職を検討しているのならば、早いに越したことはありません。「見るまえに飛べ」が鉄則です。


関連記事

飲食業界につよい人材会社は この3社がおすすめ

Cookbiz(クックビズ)

利用者の満足度

  • 飲食系求人が豊富
  • 無料の転職支援があるので安心してまかせられる
  • 入社後のフォローもバッチリ

Pick up口コミ

  • 飲食業界で働いて身につけたことをいかしたいと思いながら仕事を探していましたが、なかなかこれだと思う職場が見つかりませんでした。Cookbizを知ったのはその時です。コンサルタントが自分の代わりに交渉してくれたり、非公開求人まであるというので、ここならこれまで掲載されていなかった条件の良い仕事が見つかるのではないかと思いました。 時間や日数、希望している勤務地など伝えると、コンサルタントがそれらの条件に合った仕事を紹介してくれました。どちらもバランスが取れている理想の職場ばかりで、最初からここを利用していれば良かったと思いました。 面接の注意点やアピール方法などコンサルタントの細かいアドバイスもプラスになりました。

グルメキャリー

利用者の満足度

  • 求人特集が充実
  • 個人店から大企業まで幅広い求人内容
  • 企業説明会にも参加可能

Pick up口コミ

  • 未経験者を採用している企業が多いので、飲食業界が初めてでも使いやすい印象を受けました。必要な資格や役立つ知識が豊富に掲載されていましたし、スクール情報が調べられるのも魅力だったと思います。また適性診断が用意されていて、設問に答えるだけで自分に適した仕事を紹介してくれるので、業態や働き方に悩んでいる際に使えると感じています。フレンチやエスニック等の幅広い業態に対応しているので、スキルアップを図りたい時にも役立つ転職サイトでした。上場企業や独立制度等の条件から求人がピックアップできるので、短時間で気になる求人も探せました。担当者の方からさまざまなアドバイスが貰える転職相談ルームも、大きなメリットがあったように思います。

FOOGENT(フージェント)

利用者の満足度

  • 飲食業界のハイクラス求人が多数
  • 限定・非公開求人も
  • 年収の交渉もおまかせ可能

Pick up口コミ

  • FOOGENT(フージェント) には、調理人や賄い係などの求人が一切載せられていません。その代わり会社の利益を決定付ける重要な役目となる、経営責任者や幹部候補に関する求人が豊富に紹介されています。役職を任されている人達を相手に業務が行われている為、少しでも満足してもらえるように、スタッフの皆さんが失礼のない態度で、気持ち良く応援してくれます。自分が望んでいる難しい雇用条件でも、全く断る事なく、いつも一生懸命に探してくれたので、この部分もFOOGENT(フージェント)が他の転職エージェントよりも優れている特徴だと言えます。紹介してもらえる職場においても、給料だけでなく待遇面に関しても、驚くほどに良い所ばかりだったので、最後まで不満を抱く事なく、最高の働き先へとすんなり就職出来ました。