• 【公開日】2019.10.28
  • 【更新日】2019.10.28

~異業種からの挑戦~飲食業界に転職するならやっておきたいこと3つ


転職を検討する時は、同業他社を狙う人が大多数でしょう。これまで培ってきた経験のノウハウを活かせる、評価してもらえる、ということがその大きな理由だと思います。ただし、飲食業界においては少し違う傾向にあります。

飲食業界は、異業種からの転職者が多いことで知られています。それだけ門戸が広く、可能性を秘めた業界なのかもしれません。

この記事では、異業種から飲食業界にチャレンジしたいと考える方に向けて、飲食業界への転職HOW TOをお届けします。直近では転職を考えていないとしても、いつかは飲食業界で活躍したい、と考えている方も必読です。

異業種から飲食業界に転職するのは大変?

結論から言うと、大変です。なぜなら、飲食業界は立ち仕事が基本=体力勝負です。もし現職がデスクワークメインであれば、立ち仕事に慣れることには時間がかかるかもしれません。体力に自信がない場合は、ジムなどでセルフトレーニングすることをオススメします。

また、運送業やデザイナーなど、まったくの異業種から起業する場合においては、接客力や営業力をイチから培わなければなりません。元々他者とのコミュニケーションをあまり必要とされない業種からの転職は、飲食業界に転職した後に戸惑うことも多いでしょう。

ただし……。実際に飲食業界で働いている方の前職は、まったく飲食に関係がないことがほとんどです。前述の運送業はもちろん、建築関係、化繊会社、不動産屋など、実に多種多様。

「お客さま第一主義」と「気合」「心遣い」があれば、異業種から飲食業界に転職することも決して不可能ではありません。

飲食業界に転職するならやっておきたいこと3つ


受験生に受験勉強が必要なように、飲食業界に転職する際にも事前の勉強(準備)が必要です。転職前にやっておきたい事柄について解説します。

身だしなみを整えておく

飲食業界は清潔感が命です。髪色が明るい方であれば落ち着いたトーンにする、派手なネイルは避ける、などを事前に徹底しておきましょう。お客さまは意外とスタッフの外見を見ているものです。好感度の高い身なりに、とまでは言いませんが、不快感を与えない身だしなみを心がけてください。

お店に足を運ぶ

転職したいと検討している飲食店に応募する前に、実際にお店にお客さんとして足を運んでサービスや客層、スタッフを観察するようにしましょう。この一手間は志望動機を聞かれた際にも「お店の●●に惹かれて」などといった受け答えにも役立ちますし、何よりも「ココで働きたい!」という意思を確固たるものにします。
もちろん働いてみてからイメージの相違はあると思いますが、知識0からのスタートよりは良いはずです。

今後のキャリアプランを明確にする

飲食業界はほかの業種に比べると比較的キャリアアップが容易とされています。たとえ未経験からのスタートであっても能力が認められたら短期間で店長、ということだってありえます。自分が転職してからどのようなキャリアを築きたいのか? それをシミュレーションした上で仕事に就くことが望ましいでしょう。それでなくても離職率が高い飲食業界。目標が明確でないと、業界内で転職を繰り返すというループに陥ってしまいます。

転職成功の事例

では、実際にどんな業種から飲食業界に転職して成功している人がいるのでしょうか。いくつかの事例をご紹介します。

営業→飲食業

企業の営業職と飲食業の共通点、それは「お客さまに対するおもてなしの心」です。また、職業柄、クレーム対応にも慣れているため、スムースな転職が可能と言えます。
転職のタイミング的には、夏や秋のボーナスをもらってからが良いでしょう。飲食業の賃金は決して高いスタートから、とは限らないため、ある程度のお金の余裕も必要ですからね。

製造業→飲食業

とくに食品の製造業に就いている方なら、飲食業への転職は難なくこなせるでしょう。これは、どちらも衛生管理を徹底しなくてはならないため。衛生管理に対してある程度の土台ができている製造業の方は、飲食業に転職してもさほど違和感がないようです。こちらも転職のタイミングは前職のボーナスをもらってからがベストです。

デザイナー・ライター→飲食業

フリーのデザイナーやライターから飲食業に転職する方も。ホールやキッチンの実務だけではなく、お店のホームページや広告チラシの制作においても重宝される傾向があります。フリーランスの場合はボーナスの支給がないため、都合の良いタイミングで転職してOKです。

異業種でのキャリアは飲食業界でも大いに有用!

今この記事を読んでいる方の中には、飲食業界で働いてみたいけれどもまったく未経験だしなあ、と躊躇していらっしゃる方もいるかもしれません。それでも、飲食業界こそ、これまでの仕事で培った経験を活かすことができるステージの可能性が大! さらには、一度入社してしまえば、店長、スーパーバイザーなど、さらなる高みを目指すことも可能です。

ただし、ブラックと称されることも多い飲食業界。確実で安心・安全な転職をするためには、事前に入社したい飲食店のリサーチは抜かりなく行うようにしましょう。


関連記事

飲食業界につよい人材会社は この3社がおすすめ

Cookbiz(クックビズ)

利用者の満足度

  • 飲食系求人が豊富
  • 無料の転職支援があるので安心してまかせられる
  • 入社後のフォローもバッチリ

Pick up口コミ

  • 飲食業界で働いて身につけたことをいかしたいと思いながら仕事を探していましたが、なかなかこれだと思う職場が見つかりませんでした。Cookbizを知ったのはその時です。コンサルタントが自分の代わりに交渉してくれたり、非公開求人まであるというので、ここならこれまで掲載されていなかった条件の良い仕事が見つかるのではないかと思いました。 時間や日数、希望している勤務地など伝えると、コンサルタントがそれらの条件に合った仕事を紹介してくれました。どちらもバランスが取れている理想の職場ばかりで、最初からここを利用していれば良かったと思いました。 面接の注意点やアピール方法などコンサルタントの細かいアドバイスもプラスになりました。

グルメキャリー

利用者の満足度

  • 求人特集が充実
  • 個人店から大企業まで幅広い求人内容
  • 企業説明会にも参加可能

Pick up口コミ

  • 未経験者を採用している企業が多いので、飲食業界が初めてでも使いやすい印象を受けました。必要な資格や役立つ知識が豊富に掲載されていましたし、スクール情報が調べられるのも魅力だったと思います。また適性診断が用意されていて、設問に答えるだけで自分に適した仕事を紹介してくれるので、業態や働き方に悩んでいる際に使えると感じています。フレンチやエスニック等の幅広い業態に対応しているので、スキルアップを図りたい時にも役立つ転職サイトでした。上場企業や独立制度等の条件から求人がピックアップできるので、短時間で気になる求人も探せました。担当者の方からさまざまなアドバイスが貰える転職相談ルームも、大きなメリットがあったように思います。

FOOGENT(フージェント)

利用者の満足度

  • 飲食業界のハイクラス求人が多数
  • 限定・非公開求人も
  • 年収の交渉もおまかせ可能

Pick up口コミ

  • FOOGENT(フージェント) には、調理人や賄い係などの求人が一切載せられていません。その代わり会社の利益を決定付ける重要な役目となる、経営責任者や幹部候補に関する求人が豊富に紹介されています。役職を任されている人達を相手に業務が行われている為、少しでも満足してもらえるように、スタッフの皆さんが失礼のない態度で、気持ち良く応援してくれます。自分が望んでいる難しい雇用条件でも、全く断る事なく、いつも一生懸命に探してくれたので、この部分もFOOGENT(フージェント)が他の転職エージェントよりも優れている特徴だと言えます。紹介してもらえる職場においても、給料だけでなく待遇面に関しても、驚くほどに良い所ばかりだったので、最後まで不満を抱く事なく、最高の働き先へとすんなり就職出来ました。