• 【公開日】2019.10.28
  • 【更新日】2019.10.28

飲食の仕事がキツイ……。それって実はブラック会社の可能性も!? ブラック職場の特徴と見極め方3つ


憧れていた飲食店で正社員として採用された場合、もちろん初めは精力的に勤務するものです。だけど入社してから「あれ? なんだか条件が違う……」なんて理由で離職してしまうのが、飲食店にありがちなことです。

その背景には、飲食業界には「ブラック企業」と呼ばれる会社がまだまだ横行しているから。政府の「働き方改革」によって従業員の働き方が是正された飲食店も多々ありますが、応募する時点では働く職場が「ブラックか否か」ということについてはまだなかなか分からない段階にある、というのが現状でしょう。

ただし、「ブラック」と一言で言っても、それがどんな背景でブラックと感じるかどうかは個人差があるため、一概にブラックとは限りません。

そこで、この記事では、飲食業における、一般的にブラックと呼ばれる飲食店の現場の見極め方について指南します。

憧れの飲食業、ブラックが多いのは本当なの?

結論から言えば、現代では飲食業におけるブラックな職場は減少しつつあります。そもそもなぜ飲食業=ブラック、というイメージがついたのかというと、料理人の世界では10年修行して一人前、という文化があったからだと言われています。「やればやっただけ評価される」。従業員にとっては、そんな想いもあったのでしょう。それゆえにサービス残業や休日出勤もやむをえなかったのかもしれません。

記憶に新しいのが、某居酒屋チェーン店の元会長が発した「365日24時間死ぬまで働け」という言葉。飲食業=ブラック、ということを象徴するかのような発言です。しかしながらこの発言が世の中で大きく話題になったことによって、飲食業もかなりホワイトになりました。

それでもまだまだ無理な残業を強いられたり、休みが取りづらかったりする飲食店も存在するのが現状です。

一概に飲食業=ブラックとは言えませんが、たまたま入社した飲食店がはじめに提示された条件と合わない、ということは大いにあります。

ブラックな職場の特徴と見極め方3選

では、何をもって「ブラック」と言うのでしょうか。できれば求人に応募する前に知っておきたいものです。その見極め方について解説しましょう。

スタッフの数が明らかに足りていない

スタッフの数が足りていなくて常にスタッフがフル稼働の場合は、ブラックの可能性があります。なぜならスタッフの少なさは、離職率の高さを如実に現しているものだからです。
誰かが採用されては辞め、また採用されては辞め……。これが繰り返されていることを察することができ、結果的に限られたスタッフでお店を回していることになります。もちろんそれだけ残ったスタッフには負担がかかるので結果的にブラック決定です。

「仲間」「ファミリー」感を強調している

「従業員は家族です!」と謳っている求人を見たことがある方は多いのでしょうか? アットホームな職場なのだな、と思ってしまったらこれが落とし穴。仲間、家族なのだからいいだろう、と無理難題を押し付けられることが多くあります。

ワンマン経営

経営者自らが常に現場に立っているというのもブラック候補かもしれません。そもそも飲食店の現場は、スタッフとお客さまでつくりあげるものです。そこに経営者の意見が入るとスタッフは従わざるを得ず、働くモチベーションを保ちづらくなってしまいます。その結果、経営者が信頼できる(=都合の良い)スタッフだけが残り、向上心がないお店に成り下がりがちです。

ブラックな飲食店に入社する前にチェックするポイント

求人票の段階では、果たしてその飲食店がブラックなのかそうでないのかはなかなか見極められないものです。求人票の時点でブラックかホワイトかを判断できたら、入社してからの「こんなはずじゃなかった……」という感情から逃れることも可能です。その判断のポイントを伝授します。

採用条件のハードルが低い求人はブラック!?

「高校生OK!」「シニアOK!」といった、年齢層の幅が広い求人や、「寮完備!」などといった求人はブラックの可能性が高いです。これは、誰でもいいからすぐに働いてくれ、という企業からのメッセージ。つまり、それだけ離職率が高く、人手不足であることが考えられます。誰でもウェルカム、というのは、あなたでなくてもいい、ということと紙一重。こうした求人はブラックを疑いましょう。

常に求人をかけている

求人サイトを見ていると気付くのが、常に求人をかけている飲食店です。一見、大繁盛して忙しいのかな、と思いがちですが、その過酷な状況のあまりすぐ人が辞めてしまうから、という可能性も否めません。こうした飲食店はブラックの可能性が高いので注意してください。

残業に関する記載がない

オープンクローズがしっかりしている飲食店の求人でもありがちなのが、残業についての記載がないこと。とくに少ないスタッフで切り盛りしている飲食店では、「みなし残業制」が横行している場合もあります。これは、残業代は基本給に含まれている、というもので、働いたら働いただけ働き損に陥りがちです。対策として、面接時にしっかり確認しておくことが良いでしょう。

ブラックな飲食店に入社する前に! ブラックORホワイトの下調べを念入りに 

「働いてみなければ分からない」それはどんな業種でも共通していますが、さまざまな業態や働き方が混在している飲食業ではブラックかホワイトなのか、その見極めがなかなか難しいのが現状です。

お店も自分も心地よく働くためには、まずは応募する前の下調べがもっとも重要! お店の足を運んで観察するほか求人内容もチェックして、後悔のない飲食業ライフを送るようにしてください。


関連記事

飲食業界につよい人材会社は この3社がおすすめ

Cookbiz(クックビズ)

利用者の満足度

  • 飲食系求人が豊富
  • 無料の転職支援があるので安心してまかせられる
  • 入社後のフォローもバッチリ

Pick up口コミ

  • 飲食業界で働いて身につけたことをいかしたいと思いながら仕事を探していましたが、なかなかこれだと思う職場が見つかりませんでした。Cookbizを知ったのはその時です。コンサルタントが自分の代わりに交渉してくれたり、非公開求人まであるというので、ここならこれまで掲載されていなかった条件の良い仕事が見つかるのではないかと思いました。 時間や日数、希望している勤務地など伝えると、コンサルタントがそれらの条件に合った仕事を紹介してくれました。どちらもバランスが取れている理想の職場ばかりで、最初からここを利用していれば良かったと思いました。 面接の注意点やアピール方法などコンサルタントの細かいアドバイスもプラスになりました。

グルメキャリー

利用者の満足度

  • 求人特集が充実
  • 個人店から大企業まで幅広い求人内容
  • 企業説明会にも参加可能

Pick up口コミ

  • 未経験者を採用している企業が多いので、飲食業界が初めてでも使いやすい印象を受けました。必要な資格や役立つ知識が豊富に掲載されていましたし、スクール情報が調べられるのも魅力だったと思います。また適性診断が用意されていて、設問に答えるだけで自分に適した仕事を紹介してくれるので、業態や働き方に悩んでいる際に使えると感じています。フレンチやエスニック等の幅広い業態に対応しているので、スキルアップを図りたい時にも役立つ転職サイトでした。上場企業や独立制度等の条件から求人がピックアップできるので、短時間で気になる求人も探せました。担当者の方からさまざまなアドバイスが貰える転職相談ルームも、大きなメリットがあったように思います。

FOOGENT(フージェント)

利用者の満足度

  • 飲食業界のハイクラス求人が多数
  • 限定・非公開求人も
  • 年収の交渉もおまかせ可能

Pick up口コミ

  • FOOGENT(フージェント) には、調理人や賄い係などの求人が一切載せられていません。その代わり会社の利益を決定付ける重要な役目となる、経営責任者や幹部候補に関する求人が豊富に紹介されています。役職を任されている人達を相手に業務が行われている為、少しでも満足してもらえるように、スタッフの皆さんが失礼のない態度で、気持ち良く応援してくれます。自分が望んでいる難しい雇用条件でも、全く断る事なく、いつも一生懸命に探してくれたので、この部分もFOOGENT(フージェント)が他の転職エージェントよりも優れている特徴だと言えます。紹介してもらえる職場においても、給料だけでなく待遇面に関しても、驚くほどに良い所ばかりだったので、最後まで不満を抱く事なく、最高の働き先へとすんなり就職出来ました。