• 【更新日】2019.10.16
  • 【公開日】2019.10.16

【飲食業界職種辞典】ピザ職人・ピッツァイオーロってどんな仕事?(口コミ・評判・体験談あり)

飲食業界で高収入を目指せます
ガッツリ稼げる飲食のお仕事を紹介してもらう

かんたん30秒 まずは無料で相談する

ピザ職人・ピッツァイオーロとは?

日本でもお馴染みのピザ屋さん。そこでピザをつくる人のことを、ピザ職人・ピッツァイオーロと呼びます。元々ピザはイタリアが発祥地。本場イタリアでは、ピザ職人のことをピッツァイオーロといいます。日本ではまだ聞きなれない呼び名ですが、ピザづくりのプロフェッショナルと考えてもらえば良いでしょう。都心ではピザ職人を養成するスクールなどもあり、本格的にピザ作りを学びたい方に人気です。
また、現在はイタリアンレストランでなくとも本格的なピザを提供するカフェなども台頭するなど、ピザ職人が本領を発揮できるシーンは増え続けています。

ピザ職人・ピッツァイオーロの仕事内容と平均収入

ピザ職人・ピッツァイオーロの業務は、ただピザをつくることだけではありません。その仕事内容と収入をチェックしてみましょう。

仕事内容を詳しく調べてみました

主な業務は、ピザ製作における全般となります。基本的にはピザクラストと呼ばれる生地の上にソースや具を乗せてオーブンやピザ釜で焼き上げることですが、それもお店によりさまざまで、ピザ生地から手作りすることもあります。店舗が開店する前から食材を仕込み、オーダーが入ってからピザを焼き上げます。
また、ピザの種類も定番のナポリ風のほか、和風などさまざまなものがあり、すべてのメニューを把握する必要があります。

気になる平均収入は?

お店の規模にもよりますが、正社員の平均年収は230~520万円です。年齢が上がるにつれて着実に年収がアップする傾向にあり、月々の平均手取りは23~33万円と決して低すぎる金額ではありません。
参考:月給・時給を決める前に飲食業界の平均給与を知ろう! | クックビズ総研

ピザ職人・ピッツァイオーロは未経験でもできる?

未経験からOKという飲食店も存在します。ただし一般的には、イタリア料理店やピザ専門店に正社員やアルバイトとして入社し、修行を積みながら職人を目指します。
近道をしたい人は、本場イタリアに料理留学するという手段もあります。
オススメは、まずはハードルがそこまで厳しくないイタリアンレストランでピザ作りの基本を学ぶこと。もちろんお店によってピザの作り方も異なりますが、「ピザがどのようにしてできるのか」を知るためには有効でしょう。修行後、転職を検討することも悪くはありません。

ピザ職人・ピッツァイオーロのやりがいや向いている人とは?

ピザ職人・ピッツァイオーロになるためにはとくに資格の必要もなく「やる気」だけで仕事に就くことができますが、未経験の場合は修行からスタートするので根気強い人、将来に明らかなビジョンを持っている人が向いているでしょう。
やりがいはどの業態の飲食店にも共通しますが、お客さまの「美味しい!」という笑顔。職人としてキャリアを積めば積むほどお給料も上がるし、将来的にピザ職人として独立を考えているのであれば、それもモチベーションのひとつになるはずです。

リアルな口コミ・体験談からわかるピザ職人・ピッツァイオーロの評判はこちら

大学一年生のときにピザ職人・ピッツァイオーロとしてアルバイトをしていました。私がはたらいていたピザ店はチェーン店ではなく個人経営のこぢんまりとしていたところで、店長さんがとても気さくな方で、楽しく仕事をすることができました。ピザ職人・ピッツァイオーロとしてはたらいていて一番良かったのはまかないでピザを食べることができたことです。私がアルバイトをしいたところは高級志向のピザを取り扱ってたこともあり、高級な食材をふんだんに使ったピザをたくさん食べることができました。チェーン店のピザを食べると味の違いの驚いてしまうくらいに舌が肥えてしまいました。アルバイトをするのであれば個人経営のこだわりのお店をおすすめします。
(男性・20代)

ホールで20代前半の頃1年ほど働いた経験がありますが、一番の感想は、足が疲れたという印象です。当時は確か開店から夕方までホールに居た場合、万歩計の歩数が15,000歩くらいになった記憶が。現在体重が85㎏程度ありますが、当時はいくら食べても60㎏を超えることが無かったのが今ではいい思い出です。他のお客様の応対をしている間に他のお客様からお呼びがかかったりした時など、自分がしなければならない作業を全部覚えているということも割としんどかった記憶があります。でもしんどい分だけ、楽しいこと、成長を肌で感じられる職場だと思うのです。当時は私の人生で一番「スポーツマン」だった時期だと思いますし、やはりお客様と顔を合わせて触れ合い、実際に「ありがとう」と言ってもらえるのはホールスタッフですから。一度は若い頃に経験することをお勧めしたい職業です。職業観が変わりますよ!
(男性・40代)

アルバイトとしてなので職人と言えるほど高度な技術はありませんが三年ほど働いています。私の初めてのアルバイトでここまで長く続くとは思いませんでしたが、とても良い仕事だと思います。ピザは具材乗せて焼くだけと思いがちですが、実際にはそんな簡単ではありませんでした。はじめの頃はただ具材を乗せてただけだったのですが、先輩の作るピザと私の作るピザでは出来具合が同じ材料のはずなのに仕上がり具合が全く違いました。先輩の作るピザは一つ一つ丁寧に作られていて、きちんとカットする大きさに合わせて均等に具材が乗せられていてとても美味しそうでした。そこから私はどうやったら見た目も美味しいピザを作ることができるのか研究しました。トッピング位置、記事が膨らみすぎないようにする為のローラーのかけ具合、生地も粉から作るから丁寧に仕上がるように努力しました。今では後輩に尊敬してもらえる位まで成長できました。時には忙しい日もありますが、毎日達成感で溢れる仕事に就けてよかったなと実感しています。
(女性・50代以降)

関連記事